ホームリンクサイトマップ

オムライス発祥の地、北極星

オムライス発祥の地、北極星現在、広く愛されているオムライスの発祥の地はふたつあります。ひとつは明治の終わりごろに東京の銀座で誕生した煉瓦亭のオムライスです。この煉瓦亭は洋食の発祥の地とも言われています。

もうひとつは大正時代に大阪市で誕生した北極星のオムライスです。こちらのほうのオムライスは現在のオムライスに近い形をしていました。

オムライスはどう生まれたか

オムライス発祥の地は二つあるといわれています。

まずは、大正11年に現在の大阪市浪速区で開業した「北極星」という洋食屋です。大正14年に、この店の店長北橋茂夫が胃の悪い常連客に、マッシュルームとたまねぎをケチャップで炒めたものを卵で包んだ物を出したところ、料理を気に入ってもらい、料理名を聞かれ、オムライスととっさに答えたことがオムライスの始まりとされています。そのときの料理は現在のオムライスに近いものでした。

もうひとつの発祥の地、煉瓦亭

煉瓦亭もうひとつの発祥の地とされているのは1895年創業の東京の銀座にある煉瓦亭です。こちらの方は料理人が賄い料理として卵、たまねぎ、ミンチ、ご飯を混ぜて焼いた料理でチャーハンのようなものでした。この賄い料理を見て食べてみたいという多くのお客の要望によってメニューに載ったことが始まりとされています。これは1901年の出来事です。

なお、この煉瓦亭はキャベツの千切りをはじめて作ったお店でもあります。今までは料理に温野菜を添えて出していたのですが、日露戦争の折、人手不足に陥ったために時間を掛けず野菜を料理に添えるため、店主が考え出しました。デミグラスソースを使ったハヤシライスを作ったのもこのお店です。他に、パンよりもご飯と一緒に料理を食べたいというお客の要望により、皿にご飯を盛り付けるということを初めてしたのもこのお店です。

オムライスが広まる経緯

オムライスが広まる経緯戦前はオムライスを初めとした洋食は値段が高く、一般人には手の届かないものでした。終戦後は進駐軍によってアメリカからケチャップがたくさん入り込んできたため、洋食屋ではオムライスを作るところが早くから出るようになりました。闇市のなかでも栄養のある洋食を食べさせたいと洋食屋を開業し、オムライスをはじめとする洋食を出した人もいました。

その後、経済成長を経て日本各地のホテルやレストラン、小さな洋食屋でも肉や、たまねぎ、ピーマンといった洋食の材料が手に入りやすくなり、日本全国にひろまっていきました。オムライスの材料は同時に各家庭でも手に入りやすくなり、いまではどこの家庭でもオムライスを作れる環境がそろい、食の欧米化という背景から多くの日本人になじみのある料理となりました。

北極星の現在

現在では、北極星は北極星株式会社として大阪市浪速区に本社をおいて、オムライスは700円から900円くらいの値段で食べることが出来ます。大阪府の至る所で支店があり、洋食屋以外にもラーメン屋やレストラン、居酒屋を営業しています。オムライス専門の店としては、泉北店、淀屋橋店、難波店などがあります。

交通アクセスは地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線心斎橋駅7・8番出口よりアメリカ村方面へ徒歩5分とのことです。

もうひとつの発祥の地、煉瓦亭の現在

こちらの方も現在も残っており、銀座にあり、新富町にも姉妹店として店を出しています。オムライスはメニューに「元祖オムライス」として売っており、1250円で食べることが出来ます。また、どちらのお店もオムライス発祥の地として現在でも観光客に人気があります。

交通アクセスは東京メトロ銀座駅A9出口から徒歩3分。または東京メトロ銀座一丁目駅8番出口から徒歩4分となっています。

▲ Back Top