ホームリンクサイトマップ

オムライスのレシピ

オムライスのレシピオムライスというものは作り方を見ると簡単そうに見えますが、中のライスの量と卵の量のバランス、フライパンの広さによってうまくいくときといかないときがあり、意外と難しい料理です。また、半熟のオムライスを作るとなるとコツを身に付けるまで、時間がかかるかもしれません。

ただオムライスの中身は色々なものを使うことが出来ます。旬の野菜を入れてみたりチキンライス以外のものを入れたりと、自分の好みに合わせて様々な組み合わせがあるので、自分の好きなものを作ってみるのも良いでしょう。

基本的なオムライスの作り方

まず、オムライスと聞いたら、チキンライスを卵で包んだ料理を思い浮かべるでしょう。まず、基本的な作り方を紹介します。以下のレシピは一人分のオムライスの作り方です。

材料
  • ご飯 / 200g
  • 鶏むね肉 / 50グラム
  • ピーマン / 1個
  • たまねぎ / 1/4
  • ケチャップ / 適量
  • 塩 / 少々
  • こしょう / 少々
  • 卵 / 2個
  • サラダ油 / 小さじ2杯
作り方

作り方最初に、下準備として肉と野菜を適当な大きさに切ります。フライパンを熱しサラダ油をひいたところで鶏肉をいためます。肉の色が変わったら野菜を入れ油がまわったら塩・こしょうをふりかけます。野菜にも火が通ったらご飯をしばらく炒め、火を止めたら ケチャップを掛けてよく混ぜたらチキンライスの完成です。

次にフライパンを洗うか別のフライパンを用意して、油かバターをひきます。とき卵を入れ、卵の表面が乾かないうちにチキンライスを手前にのせ、向こう側の卵をかぶせます。フライパンを皿にかぶせて一気にひっくり返すと完成です。オムライスに掛けるケチャップの量はお好みで掛けてください。以上が基本的なオムライスのレシピです。

オムライスの具を変えてみる

オムライスの具は鶏肉やたまねぎだけでなくその他の食材でもおいしくいただくことが出来ます。ケチャップライスにたこの足やエビを混ぜてみたり、一口大に切ったブロッコリーを入れてみましょう。食物繊維を摂りたければひじきを混ぜてみたりするのも良いでしょう。それぞれの季節の旬野菜をチキンライスの具にしてみるのも良いでしょう。

ご飯に混ぜる調味料はケチャップではなく醤油にするものもあります。シーフードオムライスを作るとき、ご飯に掛ける調味料をケチャップではなく酒と醤油にします。値段を低く抑えたければ具にもやしを使ってみてください。ご飯ではなくもやしを包んだオムライスの作り方は肉ともやしを先に炒め、醤油や塩コショウで味付けをします、それを卵で包めば完成です。

片栗粉を加えてとろみを付けるのも良いでしょう。チキンライスではなく焼きそばやチャーハンを包んでみるのも良いかもしれません。

ふわふわなオムライスの作り方

ふわふわなオムライスの作り方オムライスの卵は半熟の方が良いという人はたくさんいるでしょう。まず、水に濡らした布巾を用意します。卵をかき混ぜるときに底をたたくようにしてかき混ぜます。多少白身が残るくらいまで混ぜてください。

次にフライパンに油をひいて強火で熱します。ぬれた布巾の上にフライパンを20秒ほど置いてから、中火で熱します。卵を一気に全部入れて底のほうが固まってきたらフライパンをゆすって向こう側に転がし、表面を少し焼き折り目を上にしてチキンライスの上に乗せます。そして包丁で表面を切ったら完成です。

しかし、オムライスの卵を半熟にするのはなかなか難しいもので、何度も失敗した人もいるでしょう。半熟のオムライスをうまく作るには経験が必要なのでしょう。

ケチャップについて

ケチャップはオムライスに欠かせないものです。代表的なケチャップメーカーとしてカゴメとハインツがあります。その他にもそれぞれの地域や中小企業でも手作りケチャップを売っている所もあるので興味がわいたら注文して比較してみるのも良いでしょう。

▲ Back Top